keiの麻雀と天鳳と自分語り。

麻雀の考え方を天鳳の実践譜を交えながら解説します。それと自分語りします。笑

ツモ重視

麻雀で出アガリ期待のリーチを良く使う打ち手がいるが、そういう打ち手で勝っているような人を見たことがない。

麻雀は個人的な考えだが、ツモ重視で打った方が良い。

ツモの1翻はバカにならないし、対戦相手全員に対して点差をつけることができるためトップがとりやすい。

ではツモ重視の打ち方とはどういうものか。

基本的には、好形を重視してリーチを打っていく。

無理な手役を追わず、形を重視してリーチを打つ。

前にも紹介したが、飯田正人プロが正にそんな感じだった。

飯田プロを知らない人は動画サイトで検索して対局動画を見るといいでしょう。

俺は麻雀プロからはあまり影響を受けていないと言ったが、飯田プロから学んだところは色々あったと思う。

とにかく実践的で、勝てる麻雀を打っていた人だと思う。

その根本がツモ重視。

引ける待ちでリーチを打つことの大切さを教えてくれる。

出る待ちとか、そういうのはあまり考えない。

 フリー雀荘で勝つにはこのツモ重視の考え方は大切だ。

祝儀はツモったら全員から回収できるため、ツモりにいくのが強い。

フリーで勝てない人は考え方をツモ重視にするだけで勝てるようになれるかもしれない。

是非お試しあれ。