keiの麻雀と天鳳と自分語り。

麻雀の考え方を天鳳の実践譜を交えながら解説します。それと自分語りします。笑

素直に、柔軟に

麻雀をやっている以上、自分の流儀みたいなものは人それぞれあるだろう。

俺は基本は面前にこだわり、攻める麻雀が強いと信じている。

自分の信念が固まっていてその上勝っている者はその打ち方は変えない方が良い。

絶対的な自信はそれだけで強さである。

だが、絶対的な自信を持っている打ち手などそうそういないだろう。

俺もそうだ。常に自分の打牌は正しいのか疑ってみる。

たまに、打ち手のなかに「俺は絶対にこう打つ」とか、「流石にこれはこうだろ」とか言って話を聞かない打ち手がいる。

麻雀に絶対など存在しない。

存在しているようで存在しないのだ。

あらゆる打ち手がおり、あらゆる意見がある。

麻雀はその意見を多く持っており、使える者が強い。

人の意見を素直に受け入れない打ち手はいつまでたっても引き出しが少なく、成長が無い。

もちろん納得がいかない意見を無理して自分の引き出しにする必要は無いが、一応聞いてはみる。

聞いてみて、自分が間違っていたのか…?

と思うこともあるはずだ。

それが例え格下の意見であってもだ。

そのときいかに自分のプライドをスパッと捨てれるか。

受け入れられないような、自分のフィールドに属さないような意見もあるかとは思う。

(俺だったら、クソ仕掛けとかクソリーチ)

でも、それも意見の一つとしてスッと受け入れる事ができればいざとなったときにその引き出しが出てくるかもしれない。

知識は得るものだ。

本でもいい、人から聞いたことでもいい。

麻雀は知識量を増やすことは実力に直結する。

その知識を得ることが自分の経験から得られ、相応の成績を残している打ち手は本など読む必要はないだろう。

だが早く麻雀が強くなりたい者は人の意見を素直に聞くべき。

何も聞いてから打ち方をガラッと変える必要は無い。

大切なのは柔軟に受け入れること

こういう考え方もあるのかー、よし、ちょっと試してみるか

くらいな感じでいいと思う。

麻雀で伸び悩んでいる人。

下らないプライドを持っていませんか?

あなたのプライドはそんなに崇高なもんですか?

麻雀が強くなりたい、と思うなら素直に。

謙虚に。でも、自分を失わないように。

自戒も込めて書きました。