keiの麻雀と天鳳と自分語り。

麻雀の考え方を天鳳の実践譜を交えながら解説します。それと自分語りします。笑

特上入りと面前の強さ

またリスタートした天鳳で特上入りした。

Rも2000超えたりとまあいつも通り絶不調も引かずにすんなり特上まで上がれた。

特上だからと鳴き急ぐことはするつもりはない。

俺は俺の麻雀を貫く。

基本は特東で打とうかと思っている。

仕掛けを多用する打ち手が多い中、自分の面前重視の麻雀がどれくらい通用するか試してみたいからだ。

何でも仕掛けない訳ではない。

仕掛けが得だと思う仕掛けは当然のように仕掛ける。

だが、判断に迷ったら基本は仕掛けないことにしている。

仕掛けは面前と違ってその後の対応が難しくなりがちである。

難しく、ブレが大きくなる仕掛けは特に押し引きが難しくなるケースが多く、同じような局面であっても違う打牌をしてしまいがちだ。

そんなブレた麻雀を打つくらいなら仕掛けない方が安定すると考えている。

大体、副露率と成績はそんなに関係無い。

仕掛けるべき手でしっかり仕掛けていたら副露率が250を切っても勝てると思う。

麻雀の基本は面前。

面前には計り知れないメリットが多く存在する。

鳴き急いで負ける人は一回面前重視の麻雀をしてみてはいかがだろうか。

面前のメリットを理解すると、麻雀の強みが増すと思う。

トップ率や放銃率で悩んでいる人は是非。

このまますんなり鳳凰入りするつもりだ。