keiの麻雀と天鳳と自分語り。

麻雀の考え方を天鳳の実践譜を交えながら解説します。それと自分語りします。笑

忍耐力

麻雀で勝つためには自分の麻雀をきちんと打ちたいものだ。

 

普段はしないような仕掛け、リーチ、はたまた弱気になってのひより。

こういうのは自分の麻雀を腐らせ、大抵は流れを悪くする。

負けるにしても中途半端に負けてはいけない。

自分の打ち方を貫いた上で負けるんだ。

 

自分の納得する麻雀が打ててなかったら勝ったとしてもそれは単なる偶然と思った方がいい。

そんなので勝つくらいなら負ける方がマシだ。

負けたら反省するからね。

 

麻雀で大事なのは内容だ。

1日の成績でプラスを出すと「強いねー」と言われることがよくあるが、自分の麻雀が打ててないときは素直に喜べない。

 

俺の麻雀はコピー麻雀だが、選択がぶれないように打つ事は心がけている。

だが負けがこんだり、精神的に参っているときなど、麻雀がブレそうになることはいくらでもある。

そのときにいかに我慢できるか。

 

その我慢強さこそ麻雀での勝敗を決める。

麻雀は技術が優れてることも大事だが、それ以上に大事なのは精神力、特に忍耐力は麻雀打ちとしての強さに直結する。

 

どんなにアガリたい局面でもその1牌を止める忍耐力。

怖くて逃げ出したくなるようなリーチにもド無筋を切る忍耐力。

 

zeroさんが、麻雀はこの2つの二律背反(押しと引き)した要素を同じ人間がこなさないといけないところに麻雀の難しさがあると言っていた。

 

そこに共通するのは忍耐力だ。

我慢強さを磨けば強い麻雀が打てるようになるだろう。

 

軽い麻雀を打ってはいけない。

自分を厳しさの中に置いて甘えは排除しろ。 

その厳しさこそがいずれ麻雀打ちとして一人前になるために一番必要な事だと思う。

 

俺の麻雀はまだ軽い。

それは自分に甘いから。

麻雀くらい甘えずやっていこう。

そう、麻雀くらいは甘えずに、妥協せずにね。