keiの麻雀と天鳳と自分語り。

麻雀の考え方を天鳳の実践譜を交えながら解説します。それと自分語りします。笑

強い人って?

前回の記事はなぜか丁寧語で書いてしまった笑

 

先生にでもなったつもりの自分が恥ずかしいねぇ…。

 

てことでいつものに戻るよー。

 

〜語りタイム〜

 

麻雀が強い人に共通しているものって考えたことがあるだろうか。

 

俺はそれについて結構考えたんだけど、深いとこまでは分からなかった。

 

強い人を観察し、考えた結果やはり自分の麻雀に確固たる自信を持ちつつも局面を把握し、なおかつしっかり反省することができる人だということは分かった。

 

麻雀が強い人は結構反省する。

 

しかも、その強い人同士の反省会を聞いていると圧倒される。

 

事細かに局面を覚えている。

 

自分の牌姿、他家の捨て牌、点数状況etc.

 

それをもとに反省、考えたことを飲みの席などで話すのだ。

 

俺はそこまで局面をキチンと覚えきれない。

 

印象に残ったアガリや振り込みは覚えるが、強い人達に比べると鮮明に覚えてはいない。

 

ああいうのはトレーニングなのか、才能なのかよく分からない。

 

やはり強い人ほど色々考えているという事なのだろうか。

 

考えているからこそ局面を覚えられるみたいな。

 

まだ俺は深く麻雀を考えることができていないのかもしれない。

 

俺の究極のコピー麻雀を目指す上でそういった盤面把握能力は必要不可欠だ。

 

この能力は時間をかけて必ずや身につける。

 

さあ今日も麻雀を打とう。